« 谷川岳パート2 | トップページ | 10月のキッズスクール&営業案内 »

2012年9月28日 (金)

谷川岳パート3

こんにちは。

この季節の夕暮れが

余りにさみし過ぎて、嫌いな店長です。


さて今回は谷川岳の旅でしたが

そもそも何故、谷川岳なのか?

山やクライミングを始めてから

山やクライミングに関する

多くの小説、自伝、伝記などを読みました

その中で1番好きな時代はやはり昭和!

凄いパワーを感じます。

この時代の方々は、時代背景もあり

命からがら、全身全霊で山に岩に挑んでました

多くの文中には3つの山がよく出て来ます

1つは剱岳、もう一つは穂高岳、そして谷川岳です

最近のクライマーや山登り好きの人は

剱岳や穂高岳は知ってても

何故か谷川岳にはピンとこない人が多いいんです。

私店長も過去にスノボーや雪山登山で谷川岳に

入りましたが、余り印象に残らなかった

「主として谷川岳の岩壁の下調べに行きたるなり。総ては尚研究を要すべし、近くてよい山なり」
大島 亮吉

途中ですが、私が谷川岳を語るのは

まだまだだと感じ、今回は未完で

終わりたいと思います

すみません。


それでも今回絶対訪れたかった所を

1348804833610.jpg
虹芝寮ー!


サンマウンテンには

1348804836855.jpg

谷川岳に関する文献が多くありますので

秋の夜長に、先人の思いを感じてもらえればと

思う店長でした。


|

« 谷川岳パート2 | トップページ | 10月のキッズスクール&営業案内 »

今日のサンマウンテン!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷川岳パート2 | トップページ | 10月のキッズスクール&営業案内 »