« 9月の予定 | トップページ | 女性限定無料大人クライミングスクール »

2014年9月 3日 (水)

復帰トレーニングについて考える

クライミング復帰から3日目

初日は4面の水色Tを10回以上TRYしてやっと出来

昨日はスラブの緑四角5を一撃

予想通り?以上?まーどちらにしても弱弱です(笑)

でもここにもちょいと発見があるね〜よしよし

さて今回復帰に対して自分なりに

色々トレーニングのスケジュールを考えまして

やはり経験上登るのが1番!を採用〜

なので新企画に至ったのだけれども

今回はただ登るだけではなく(ジジイなんでね(笑)

登り方やケアをより深く考え取り組んで行き

皆さんのクライミングにも役に立てれば幸いと思っとります。


そんな第一回目は「筋肉痛!」

初日に登った分の筋肉痛が2日目に前腕内側、今日は腰に発生ー

さてここで感じた事は?

先ずは筋肉痛のスピードです!

以外にもこのメカニズムは解明されてないらしいが

「負荷が高い程筋肉痛が遅くなる」を僕は推奨

ならば今回考えられるのは

先ず一つ目「腰の負担が1番大きかった」

そして次に負荷が大きかったのが「前腕内側!」

になるわけです。

とりあえず腰の筋肉痛は置いといて

今日は「前腕内側」に注目です

僕は登る時どんな課題でもホールドを握ら無い様に考えます。理由は簡単、パンプするから!だからかなりコンを詰めてトレーニングしても、パンプして終了する事はまずありません

ならどうするの?

オープンで正しくポジショ二ングをとり引っ掛ける

なのでパンプしないし、前腕の内側が痛くなるのです

さー今回のプログラムはここからが重要〜

身体には600の筋肉があると云われてます

と云うことは残り598の筋肉は?

今の僕の登りはかなり省エネですが

どうせ復帰するなら「ケガせず、更なる高みを!」

と、云う事で

今回は「全身筋肉痛の登り!」

これを目指してやって行こうと思います

お楽しみに。

次回は「ケア」について考えます



|

« 9月の予定 | トップページ | 女性限定無料大人クライミングスクール »

クライミングに役立つ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月の予定 | トップページ | 女性限定無料大人クライミングスクール »