« 目からウロコのクライミングレッスン握り編 | トップページ | 親指、手首編 »

2015年7月 6日 (月)

握りの続き

更に詳しく解説しますね

わかり易くガバ以外の写真で


指は中指が1番長く小指が短いのでこのまま握ると


一見かかってそうでも小指はほぼ意味をなしません

ならば


小指側に倒して握ってみると




こんな感じ!しっかり小指にも力がかかってきます

そしてホールドを握る時は第一関節ぐらいで浅く握る意識を持ちましょう。

何故かというと

登りなごら指先を鍛えたいからです

指先の力(オープン力!)が備わると

より握らずに引っ掛けよーが出来てきます。

身体のフォームと一緒で手にもフォームがあります

負荷の少ない課題からで構いませんので

正しく指先を使い正しく指先を鍛えてみましょー

明日は親指と手首編で〜す

お楽しみに。

|

« 目からウロコのクライミングレッスン握り編 | トップページ | 親指、手首編 »

キッズ&大人スクール情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目からウロコのクライミングレッスン握り編 | トップページ | 親指、手首編 »